信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢スキーバス転落事故


2016年(平成28年)1月15日午前1時55分頃、長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近(軽井沢駅から約2kmの群馬県・長野県境付近)で、定員45人の大型観光バスがガードレールをなぎ倒して道路脇に転落し、乗員・乗客41人(運転手2人、乗客39人)中15人が死亡。

というたいへん痛ましい事故が起きてしまいました。
ニュースを知ったのは、当日の朝6時頃で地元局のラジオ放送を聞いていたところ、偶然にもこのニュースをしりました。
その日は休みだったこともあり、TV中継もずっと見ておりました。

事故に遭遇したのは、都内の大学生が大半で、若い命が何人も失われたことに対して、同じ年代の子を持つ親として心を痛めております。ツアーを企画した会社や運行を担当したバス会社の管理の杜撰さが指摘されているのですが、バスが転落している映像を見て、どうしても腑に落ちないことがありました。

一般道を走行していたのに損傷が激し過ぎる


元大型自動車のドライバーとして、かつてはいろいろは事後の現場に遭遇することがありました。
国道18号線の碓井バイパスは通ったことはありますが、旧道とは違って、下り坂とはいえブレーキが焼けて走行不能になるような峠だとは思えないということです。ましては、坂道が長く続くのは長野県から群馬県へと向かう方向なので、反対方面から走行してきたバスが、峠を過ぎたばかりのところでブレーキを焼くとは思えません。

転落したバスはガードレールを突き破って丸ごと転落しています。

そもそもガードレールは、たとえ大型バスが衝突したとはいえ、通常の速度40~50kmで走行しており、運転手がブレーキをかけながら衝突したとすれば、ガードレールで止まるはず。たとえ、勢い余って突き破ったにしても、車体が折れ曲がるほどの衝撃にはならないと思います。あれだけの損傷は、それこそ高速道路を走行中の大型トラックが中央分離帯を突き破って反対側車線に飛び出してしまうような事故。時速100キロくらいで突っ込んでしまったような事故で見た状況なのです。

事故現場手前250メートルでの動画が公開された


公開された動画を見て、想像が確信になりました。
あきらかに高速でカーブへ突入してます。
どの程度のスピードなのかは想像でしかありませんが、動画から想像すると、峠の走り屋レベルのスピード感はあります。
しかしながら、ハンドル操作はしっかりされているし、ブレーキランプも点灯しています。

ということは、運転手の居眠りや何かの発作ということは考えにくい状況です。

峠を下る前の群馬県側を走行中の同車の動画を見る限りでは、普通の速度で走行する状況が記録されていますので、ドライバーが荒っぽいとか経験不足とかそのような原因ではないと思います。

考えられるのは車両の不具合か?


状況から考えらるのは、ブレーキかアクセルの故障です。
当然、バスは機械なので故障をすることもあるでしょう。しかし、ブレーキとアクセルが両方同時に故障するとは考えられません。
アクセルが戻らなくなってしまったのなら、ギアを抜けばそれ以上のパワーが車輪には加わりませんので、アクセル全開でもブレーキさえ効けばバスは止まります。

ブレーキの故障となると事態は深刻で、そう簡単には止めるとこができません。

・大型車の場合は「エアーブレーキ」を搭載しているので、エアーを圧縮するコンプレッサーがイカれてしまったのか。
・大型車のブレーキペダルはオルガンの足踏みペダルのような形状をしているので、裏側に何か異物(缶やペットボトルなど)が挟まってしまうと踏み切れません。
・ブレーキフルードの入っているホースが切れたか?

これくらいしか思い当たる節はありませんが、100キロ近く出てしまったスピードを落とすには、
1、フットブレーキがダメならサイドブレーキを使う。
2、ギヤを落としてエンジンブレーキを使う。
3、側面を擦りつけてその摩擦でスピードを落とす。

いずれにしても博打的要素の大きい手法でしか止める術はありません。

不確かな情報ですが、乗客が転落の前にドライバーが発する、「ブレーキが効かない」という声を聞いたという証言もあるそうです。

ドライバーが勝手にルートを変更したり、出発時の点呼をきちんと行なっていなかったり、法令を下回る料金で発注をしていたりと、様々人的要因も重なっての事故。

軽井沢やスキーが悪いのではありません


軽井沢やスキー場が悪いわけでもなんでもないのに、劣悪なイメージがついてしまい、キャンセルが相次いでいることについても胸が苦しくなります。軽井沢は長野県を代表する観光地ですし、最近はスキー人気も復活の兆しを見せていただだけに、こんな形でのイメージダウンはやりきれない思いでいっぱいです。遺族の気持ちを察すれば比ではないでしょうが・・・

当局には原因を究明していただき、このような事故が二度と起きないように指導をしていただきたいと願うばかりです。

営業車両に関しては、室内外を記録するドライブレコーダーの搭載を義務付けることが必要でしょうね。
事故前数分間だけではなく、出庫から帰着までの全行程を記録するようなシステムならば、事故前の状況も記録されますし、勝手にルートを変更するようなドライバーもいなくなるでしょう。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。