信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大王神社

御祭神 魏石鬼八面大王

由緒
その昔、恒武天皇(西暦785~805年)の頃魏石鬼(ぎしき)八面大王という
世にもすぐれた怪力無双の首領が、この地「安曇野」を治めていました。
全国統一をめざす中央政権は、東北に侵略をすすめるにあたって、
信濃の国を足がかりとし、沢山の貢物や無理難題を押し付け住民を苦しめました。
大王は坂上田村麻呂の率いる優れた武器を持つ軍勢に刃向かうつもりはなかったものの、
戦いは大刃や矢を持つ男ばかりか、女、子供まで巻き込み次々と村々は焼き払われていきます。
追い詰められた大王は、わずかばかりの部下をともない有明山のふもとの岩屋にこもって
力の限り戦いましたが、ついに山鳥の三十三斑の尾羽で作った矢にあたり倒れてしまいました。

八面大王はあまりにも強かったため再び生きかえらぬようにと遺体はバラバラにされ
埋められました。
当農場の一角には胴体が埋められたと言われており、現在は大王神社として祀られています。
「大王農場」の名前も、この故事にちなんでつけられたものです。

大王神社

大王わさび農場の中にあります

大王神社

場所はこちら


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1124-8e467e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。