信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野皇大神社は、長野県と群馬県の県境に鎮座する全国唯一の国境に建つ神社です。

熊野皇大神社

軽井沢の旧軽銀座から車で5分くらいのところです。

神社入口の足元を見ると

熊野皇大神社

右が群馬県で左が長野県の標があります。一応長野県側を通り境内へと入ります。

熊野皇大神社

ちょっと急峻な石段を登ります。

熊野皇大神社

着きました。

熊野皇大神社

実はこの神社境内に2つの社が存在するのです。長野県側が熊野皇大神社で群馬県側が熊野神社です。画像の右に熊野神社の提灯が見えますが、ここが熊野神社の社務所となっています。

熊野皇大神社

さらに進み、参拝するところを見てまたもや驚き!

熊野皇大神社

扉の中央できっちり長野県側と群馬県側とが分かれています。賽銭箱も2つあります。
それぞれにお賽銭を入れて参拝します。

なかなかユニークな神社ですね。他所には絶対ないでしょう。ナニコレ珍百景にでも登場しそうな神社です。

神社でもらった資料によると
■特徴
当神社は県境にあり、一つの神社ですが、二つの宗教法人が顕在し、二人の宮司・責任者・総代にて尊厳が維持されています。
ご祈祷・お守・御朱印・社務所も別になっています。
熊野皇大神社→長野県側
熊野神社→群馬県側
■神社の見所
<本宮>
長野県と群馬県の県境に建っています。本宮を見上げると「熊野皇大神社」と書かれています。
<狛犬>
室町時代中期の作と伝えられ、長野県では最古のものとなっています。軽井沢町の文化財に指定されています。
<しなの木>
樹齢850年の御神木です。
信濃の国の語源になったとも伝えられています。本宮に向かって左奥にございます。


熊野皇大神社

由緒
神社に伝えられている由緒記によりますと、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が碓氷嶺に登った際、急に濃霧で進めなくなりました。そのとき一羽の八咫のカラスが現れ、それについて行き山頂まで登ることができました。日本武尊はこの八咫のカラスの導きを熊野神霊の御加護によると考え、ここに熊野三社を祀ったということです。人皇十二代景行天皇の御代に勧請しました。

祭神
本宮(両県に鎮座
伊邪那美命(イザナミノミコト)
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
新宮(上州鎮座
速玉男命(ハヤタマオノミコト)
那智宮(信州鎮座)
事解男命(コトサカオノミコト)


熊野皇大神社場所はこちらです

関連記事

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。すごく
詳しいですね。さすがです。行かれたんですか?
2010/09/10(金) 08:07 | URL | レモン #-[ 編集]
熊野神社
こんばんは。
もう、ずいぶん前になりますが行った事があります。
古い神社や仏閣を巡ってみたいなって思うきっかけになった神社なんですよ~。
2010/09/10(金) 22:13 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
レモンさん
行きました。詳しいのは神社でもらった栞をそのまま引用しました。(^^ゞ

シオンさん
シオンさんは「きっと行ったことあるんだろうなぁ」と思っていました。御朱印も2カ所で貰ってきましたし、パワースポットと呼ばれている御神木と碓氷の水源にも行きました。
2010/09/11(土) 05:48 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1174-46206eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。