信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は生まれてから松本へ来るまでは『登山』とは全く無関係&無関心でした。自分の周囲にも山や好きな人や登山をする人はいませんでしたので、遭難事故のニュースを見るたびに「どうしてあんなに辛くて苦しいところに行って事故にまで遭うんだろう?」と思っていました。

登山の好きな方にはたいへん失礼な言い方になってしまい申し訳ないのですが、『住む世界が違っていた』のですね。松本へ移住したのも山が好きだった訳でもありませんでしたので、ただひたすら冬の寒さと雪道の運転に慣れるのみでした。どちらかと言えば、雪とか山は苦手としておりました・・・

移住したのが2月だったこともあり、いきなり氷点下と積雪の洗礼を受け、ほとほと参ってしまいましたが、なんとか最初の冬は乗り越えました。それから数カ月後だったと思います。

井上靖著の小説『氷壁』を読んだのは。

数年前にドラマ化されましたが、玉木宏さん主演のドラマは原作とは舞台も滑落の原因も違っているのでちょっと松本とは縁遠いのですが、原作の小説には松本や上高地、穂高岳などが舞台になっています。自分の暮らしている土地が舞台になっている小説なんてそれまで読んだことはありませんでしたので(徳川家康は別ですよ)、のめり込むように何度も読み返しました。そして、滑落事故も実話をもとに書かれていることや、その切れたナイロンザイルの実物が大町市の山岳博物館に保管&展示されていることも知り、大町市までわざわざ見に行きました。

この頃から少しずつ山に興味を持つようになりました。

人間どこで変わるのかわかりませんね・・・

岳の映画化で氷壁のことを思い出し、また読んでみたくなりました。(^v^)
【送料無料】氷壁改版

【送料無料】氷壁改版
価格:820円(税込、送料別)



大町の山岳博物館でも『岳』上映記念イベントを4月1日から開催するそうなので、ひさびさに切れたナイロンザイルも見て来ようと思っています。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
氷壁は偉大な小説
せっかく山のそばに住んでるんだから
この機会にぜひ山を感じてね

小説は読んだことないけど
内容は理解してます

ハムレットのような究極の選択
山や自然の厳しさ 豊かさ

ちょっとでも触合えれば
もっと世界が広がると思うよ
2011/03/04(金) 01:32 | URL | Bob #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1264-6b473da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。