信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛伏寺断層
牛伏寺断層(ごふくじだんそう)は、長野県松本市と塩尻市を通る活断層である。松本盆地北部の神代断層、松本盆地東縁断層と共に糸魚川静岡構造線活断層系中部を構成する断層の1つとされる。

松本市の中心市街地の南に位置する中山丘陵から、東側の山地と盆地の境界付近を北北西-南南東方向(NNW-SSE)に走っている。全体的に牛伏川(うしぶせがわ)に沿っており、松本市並柳から中山を経由し崖の湯へと伸びている。断層線の長さは7kmである。西側には牛伏寺前縁断層が併走し、地下1000m付近ではひとつの断層を形成していると考えられる。高瀬川と犀川の合流点より南部の松本盆地東縁断層と牛伏寺断層を同一な断層セグメントとするのが妥当との説も出されている

松本市街地部分では人間の活動に伴い断層の痕跡は不明瞭であるが、郊外では直線状の断層崖が非常に明瞭であり、崖に沿って両側の河川や丘陵が食い違っている部分を見ることが出来る。活断層の活動度を示す平均変位速度(1000年間の平均変位量)は5 - 14m/1000年と考えられており、日本の内陸における活断層としては飛びぬけて高い。しかし、十分な研究は行われておらずデータは乏しい。

東側に約80度で傾斜した左横ずれの変位様式をもつ。断層線の東側にある犀川丘陵は後期更新世以降隆起しているため、牛伏寺断層北部付近では逆断層の様式を示唆している。

過去の活動を示す明瞭な記録は少ないがトレンチ調査およびボーリング調査などから、過去7000年間に2回程度の活動をしている。最新の活動期は約1200年前の762年あるいは841年と考えられ[5]、平均活動間隔は500年~1100年とされている。1988年と1990年に行われた調査によれば前回の活動時点での変異量は、松本市島内付近で水平方向に約6.5m、垂直方向に約30~40cm程度であった。また、松本市並柳では水平方向に7m程度の変異であった。

今後数百年間にM(マグニチュード)8クラスの大地震を引き起こすとの説もある。もし地震が発生したら長野県全体で2,820人の死者が出るとされる。
出典:「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」

と、冗談ではすまされないような断層上に松本市は位置しています。

↓↓↓この赤線が牛伏寺断層です!
牛伏寺断層


松本市の中山には・・・

牛伏寺断層
↑この左側のコンクリート斜面が牛伏寺断層です。

塩尻市役所のHPでは以下のように紹介されています

大きな地震(マグニチュード7以上)が起こると、地表に断層の食い違いが現れることがあります。時間が経てば傷跡は薄れますが、傷跡が完全に消えないうちに次の地震が起こり、これを繰り返すと特殊な地形として残されます。

崖の湯あたりから中山の北端まで約7kmの区間、地表に断層の食い違いが現れています。これが牛伏寺断層で、同じ場所で繰り返し大きな地震が起こってきたことを物語っています。その先は、並柳から安曇野方面へ、反対側は高ボッチ方面へ向かっていると考えられています。

国の評価結果
地質調査研究推進本部地震調査委員会は、平成8年に糸魚川―静岡構造線断層系の過去及び将来の活動について、次のように評価しました。

糸魚川―静岡構造線断層系の調査結果と評価について(抜粋)平成8年9月11日

過去の活動 (最新の活動)
糸魚川―静岡構造線断層系は、約1,200年前に白馬から小淵沢までの区間(約100km)で活動し、その地震の規模はマグニチュード8程度(7.75~8.25)であった可能性が高い。歴史地震としては、762年の地震(美濃・飛騨・信濃)が、この地震に該当する可能性がある。

(過去の活動)
牛伏寺断層を含む区間では、約千年おきに、マグニチュード8程度の規模の地震が発生してきた可能性が高い。具体的な活動区間と規模は、毎回1,200年前の活動と同様(マグニチュード7.75~8.25)であった可能性と、牛伏寺断層と同時に活動した断層区間が活動ごとに変化し、地震の規模もマグニチュード7.5~8.5の範囲でその都度異なっていた可能性とが考えられる。

将来の活動
牛伏寺断層を含む区間では、現在を含めた今後数百年以内に、マグニチュード8程度(7.5~8.5)の規模の地震が発生する可能性が高い。しかし、地震を発生させる断層区間(場所)がどこまでかは判断できない。

大地震への備え
「天災は忘れたころにやってくる」という言葉があります。
これは、大地震が百年、千年の間隔で起こることから後世に被害の状況が伝承されにくいことの教訓として、日ごろの備えを怠らないように促すため、関東大震災の後に生まれた言葉です。
市内には、牛伏寺断層を含む糸魚川-静岡構造線断層帯や霧訪山-奈良井断層帯などいくつもの活断層があります。このうち約千年間隔で動くとされる牛伏寺断層は、既にその時期を過ぎており、いつ大地震が起こっても不思議ではないといわれています。
市では、避難場所のうち小中学校の校庭(一部の学校を除く)などに、防災備蓄倉庫の設置、防災ガイドブックの全戸配布、災害時における各種団体との応援協定等の締結、耐震性防火貯水槽などの整備、住宅の無料耐震診断及び補強工事費の補助(診断、補助とも要件あり)などのさまざまな震災対策を講じていますが、なんといっても被害を減らすための一番大きな力は、市民の皆さんの「自分の身は自分で守る」ための心構えと実践において外にはありません。
(以上塩尻市のサイトより引用)

と、お隣の塩尻市でさえこのような危険を呼び掛けているのです。

松本市はちょっと悠長に考えているのではないのでしょうか。




太陽光発電のカンタン無料見積りなら!【ソーラーリフォーム】





2011年6月10日(誕生日です。笑)

今朝のSBCラジオを聴いていたら、

「牛伏寺断層がそろそろヤバいらしい・・・」みたいなことをキャスターの飯塚さん(この人地元で人気なんですよ~)が言っていました。

早速、ネットニュースを見てみると・・・

3断層で地震確率高まる=福島「双葉」、東京「立川」など-政府調査委

出てましたよ!

 政府の地震調査委員会は9日、東日本大震災の全国106断層帯への影響を分析した結果、宮城・福島両県の「双葉断層」と埼玉県・東京都の「立川断層帯」、長野県の「牛伏寺(ごふくじ)断層」の3カ所が動きやすくなり、地震発生確率が従来の長期評価より高くなった可能性があると発表した。具体的にどれぐらい地震が起きやすくなったかは分からないという。
 また地震調査委は、今年秋までに三陸沖から房総沖の海溝型地震の長期評価に東日本大震災の影響を反映させると発表した。
 さらに、陸上の津波堆積物や海底の地殻変動の調査結果などを積極的に評価手法に取り入れ、来年春までに東南海、南海地震の長期評価を改訂する。両地震は東海地震と連動する可能性があり、新たな長期評価に基づいて防災対策を早急に強化する必要があるという。
 これまでの長期評価によると、牛伏寺断層(長野県松本市・塩尻市、長さ約17キロ)で想定される地震の規模は、同断層を含む「糸魚川-静岡構造線断層帯」が動いた場合にマグニチュード(M)8程度と大きく、今後30年間の地震発生確率も14%と高い。立川断層帯(埼玉県飯能市から東京都府中市、約33キロ)はM7.4程度で0.5~2%とやや高く、双葉断層(宮城県亘理町から福島県南相馬市、最長40キロ)はM6.8~7.5程度でほぼ0%。

牛伏寺断層が一番危険ぢゃないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 双葉断層は放射能漏れ事故が起きた福島第1原発から近いが、地震調査委事務局の文部科学省によると、想定される地震の規模は変わらないため、耐震性評価には影響しないという。阿部勝征地震調査委員長(東大名誉教授)は「科学的根拠に基づき想定できるものは取り入れていこうという決意表明だ。地震がいつでも近くで起きるという備えが必要」と話した。 jiji.comより引用




2011年6月30日 8時16分 に地震がありました

情報発表時刻 2011年6月30日 8時21分
発生時刻 2011年6月30日 8時16分ごろ
震源地 長野県中部
緯度 北緯36.2度
経度 東経138.0度
深さ ごく浅い
規模 マグニチュード 5.5
震度5強 長野県 長野県中部 松本市
震度4 長野県 山形村
震度3 長野県 長野県北部


震源地となった
緯度 北緯36.2度  経度 東経138.0度 とはここです!


http://maps.google.co.jp/maps?q=36.2,138.0%28%92%B7%96%EC%8C%A7%92%86%95%94%29&z=10

おそらく観測点なのでこのあたり一帯のことなんでしょうが、正に牛伏寺断層の付近です。

実は、この地震には伏線があったんですね。前日の地震情報にも載っています。

情報発表時刻 2011年6月29日 19時35分
発生時刻 2011年6月29日 19時32分ごろ
震源地 長野県中部
緯度 北緯36.2度
経度 東経138.0度
深さ ごく浅い
規模 マグニチュード 3.4

震度3 長野県 長野県中部 松本市 松本市丸の内

震度2 長野県 山形村 松本市沢村 松本市美須々 山形村役場

震度1 長野県 諏訪市 茅野市 塩尻市 長野朝日村 安曇野市 松本市安曇 松本市会田 松本市梓川梓 松本市波田 諏訪市湖岸通り 茅野市葛井公園 塩尻市広丘高出 長野朝日村小野沢 安曇野市穂高総合支所 安曇野市穂高福祉センター 安曇野市明科 安曇野市豊科 安曇野市三郷 安曇野市堀金


震源地まったく同じです。

う~ん ちょっとマズいかもしれません。(ーー;)




2011年7月1日

昨日発生した地震の被害が地元のTVや新聞で大きく報道されています。

今朝の新聞で震源地が出ておりました。
松本地震
赤い○が震源地だそうです。地震速報の緯度経度はAの地点なんですが・・・
このズレはなんなんでしょうね。

そして赤い実践が牛伏寺断層です。

昨日のTVでは、3.11の地震の際に牛伏寺断層にかかっていた力の向きが変わり、今回の地震につながった。
みたいなことを言っていましたが、今朝の新聞では「牛伏寺断層が影響しているのならばもっと規模が大きいはず」と報じています。震源地の公表にしろ、解説にしろ

「人によって言ってることが違う」

のが事実です。何が正しいのかは起ってみないとわからないんですね。

実際に被害のあった地域は、赤丸に近いところですので震源地としては赤丸の方が正解でしょう。そして、驚くことに牛伏寺断層より東側(Aの地点側)ではほとんど被害が出ていません。TVに出てましたビルの壁が崩落したあたりは、地中に潜っていた牛伏寺断層と松本盆地東端断層をつなぐ線上の地域です。

このまま余震が収まってくれるといいのですが・・・




ひさびさに現地調査│牛伏寺断層

最近話題に上ることが多くなってきました牛伏寺断層

今一度どんなところかと牛伏寺断層が始まる大久保山へと行ってみました。

牛伏寺断層

赤線の隣に番号ふってあるのは撮影場所です。


の大久保山からです

牛伏寺断層

このあたりから牛伏寺断層は始まっています。先に見えるのは中山です。
これがフォッサマグナの西端にあたる静岡-糸魚川構造線の一部なんですね。

牛伏寺断層

知らずにいれば「ただの田舎の山と畑」なんですがね~

ここが大断層の一部とは付近の住民でも知らない人がいるんじゃないでしょうか?

牛伏寺断層

知ってから行くと「なるほどここかぁ」とわかります。

牛伏寺断層

これが断層面になるんでしょうね。学者じゃないので正確にはわかりませんが、段差の状況を見てますとそんな感じですね。






大久保山から少し下にさがり、中山台という新興住宅地があります。
その東端が牛伏寺断層なんですね。

牛伏寺断層

の位置ですね。
牛伏寺断層

このように線を引いてみるとよくわかります。
知らない人が通りがかっても、「道路作るために削ったんだ~」くらいにしか思わないでしょう。

牛伏寺断層

高低差は6メートルほどでしょうか。
阪神淡路大震災では野島断層という活断層でなんと縦に50センチ、横に1メートルほどズレだったそうですから、この大きさは凄いエネルギーですね。

牛伏寺断層

乗用車と比較してみると断層の高さをおわかりいただけると思います。



そもそも断層とは・・・

断層(だんそう、fault)とは、地下の地層もしくは岩盤に力が加わって割れ、割れた面に沿ってずれ動いて食い違いが生じた状態をいう。

断層が動く現象を断層運動(faulting)と呼び、地震の主原因であると考えられている。食い違いが生じた面そのものを断層面(fault surface)と呼ぶ。断層面と鉛直線がなす角を断層角(fault dip)、水平面に置き換えた断層運動の方向を走向(fault strike)と呼ぶ。
リンク先↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E5%B1%A4






牛伏寺断層

の中間あたりからの方向を望みました。

牛伏寺断層

なんの変哲もない田舎の風景なのですが、この下に牛伏寺断層が走っています。

牛伏寺断層

の位置から撮影しました。「これが断層域です」と説明をされると「なるほど」と思われることでしょう。


フォッサマグナ

昨日も震度2ではありますが地震がありました。その前にも福島沖で地震が起きているんですね。

「東北と長野地震がまったく無関係とは言えないのではないか?」
と思ってしまいます。。。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
お勉強になりますね♪
2012/12/22(土) 17:48 | URL | すゃ #-[ 編集]
シャネル時計 ゴールド rgb
スーパーコピーブランド時計専門店
日本超人気スーパーコピーブランド時計激安通販専門店
2016年最高品質時計コピー、国際ブランド腕時計コピー、
業界唯一無二.世界一流の高品質ブランドコピー時計。
高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、
ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中
商品の数量は多い、品質はよい。
海外直営店直接買い付け!
製品はされています高品質と低価格で提供!歓迎新旧顧客お願いします!
シャネル時計 ゴールド rgb http://www.bestevance.com/rolex/king/index.htm
2016/10/15(土) 02:32 | URL | シャネル時計 ゴールド rgb #EBUSheBA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/02/20(月) 23:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1283-2d51e359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。