信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
旧制松本高等学校の校舎は松本市の中心部「あがたの森公園」にあり、現在でも公民館として図書館として使われているんですよ。

NHK連続テレビ小説おひさま

端に写っている納税強化月間の立て看板が公民館っぽいでしょう♪

NHK連続テレビ小説おひさま旧制松本高等学校

この日は残念ながら休館日でしたが、中は板張りの廊下で歩くと「ミシッミシッ」とおとがしたりします。

あがたの森公園

注目していただきたいのが、この中庭なんですね。

旧制松本高校

大正から昭和初期の面持ちを残しています。
セットでなく実物でロケできますね。

旧制松本高校

これを現在でも公民館や図書館として利用している松本市には泣けてきます。

旧制松本高校

廊下なんてこんなですよ!嬉しくなってきますよね。



旧制松本高等学校(きゅうせいまつもとこうとうがっこう)は、1919年(大正8年)4月長野県松本市に設立された官立の旧制高等学校である。

概要
改正高等学校令に基づき9番目の官立旧制高等学校として設立された。ナンバースクールの高校に続き設立されたいわゆる「地名スクール」(ネームスクール)の高校のうちで最初のものである。
文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置、学生寮として思誠寮(しせいりょう)が建てられた。
新制信州大学の発足にあたり、その母体の1つとなり、文理学部に改組された。
現存するかつての校舎は重要文化財に指定されている。
沿革 [編集]1919年4月:設立。初代校長は東京外国語学校校長であった茨木清次郎。
1919年9月:第1回入学式。
1920年7月:新校舎に移転。
1922年10月:落成式挙行。
1930年8月:社研事件。学生30名が検挙され8名退学・2名放学。
1940年9月 - 11月:読書会への弾圧。学生22名が検挙され5名退学。
1945年:軍国主義的とみなされた校長および3教授の追放。
1949年5月:信州大学発足にともない包括される。
1950年3月:廃止。
設立の事情 [編集]1899年、伊沢修二らにより官立第七高等学校の松本誘致を求める運動が展開されたが、七高が鹿児島に設置されたため実現せず、1910年になって「第九高等学校」の設置が内定したものの延期となった。新潟市との熾烈な誘致合戦を制して1917年に松本への高校設置の内示が出されたが、設立はさらにその2年後となった。(松本と同時期に新潟には新潟高等学校 (旧制)が置かれることとなった)

歴代校長
初代  茨木清次郎 1919年4月~1921年11月
第2代  大渡忠太郎 1921年11月~1927年8月
第3代  森巻吉   1927年8月~1929年7月
第4代 新保寅次  1929年7月~1932年3月
第5代  西川順之  1932年3月~1938年3月
第6代 桑木或雄  1938年3月~1942年3月
第7代 築地宣雄  1942年3月~1945年11月
第8代  木村秀夫  1945年11月~1949年5月
第9代  竹内良三郎 1949年5月~1950年3月

校地の変遷と継承 1919年の開校当初は、県立松本中学(長野県松本深志高等学校の前身)に間借りする形で授業が行われたが、翌20年、新校舎が松本市内・駅の東方約1400mに位置する県(あがた)地区に竣工して移転した。このキャンパスは、1949年の新制大学への移行後も、信州大学文理学部に継承され使用された。しかし、1973年3月に信州大学の旭町地区へのキャンパス統合移転により、松本市に移管された(現状については#歴史的建造物としての旧制松本高校参照)。
思誠寮(1920年築)は新制移行に伴い信州大学文理学部の寮として継承されたが、1983年3月市内・横田地区への移転により旧寮は取り壊された。横田新寮は現在も信州大学思誠寮としてその伝統を継承しながら存続している。


著名な出身者(五十音順)

政官界
赤羽隆夫 - 経済企画事務次官、エコノミスト
青柳盛雄 - 衆議院議員(日本共産党)
井出一太郎 - 農林大臣、郵政大臣、内閣官房長官
内田常雄 - 経済企画庁長官、自由民主党幹事長
大木浩 - 環境庁長官
岡田宗司 - 衆議院議員(日本社会党)
佐々木良作 - 民社党委員長
夏目忠雄 - 参議院議員(自由民主党)
林百郎 - 衆議院議員(日本共産党)、中退
藤森昭一 - 日本赤十字社社長、宮内庁長官
宮下創平 - 防衛庁長官、環境庁長官、厚生大臣
望月幸明 - 山梨県知事
山本重信 - 通商産業事務次官、トヨタ自動車会長(1985年6月- )
山本鎮彦 - 警察庁長官
山本幸雄 - 自治大臣、国家公安委員会委員長
吉野文六 - 駐西ドイツ大使、外務省アメリカ局長 / 沖縄返還密約証言
経済界
赤羽善治 - 九州電力社長
稲葉興作 - 日本商工会議所会頭
井上薫 - 第一勧業銀行初代会長
江頭豊 - チッソ社長
小泉徳夫 - 日本信販社長
小坂雄太郎 - 信越化学工業社長
小林宏治 - 日本電気社長
斉藤利忠 - 安田信託銀行社長
篠原周一 - 協和銀行頭取
柴本重理 - ブリヂストン社長
中條高徳 - アサヒビール会長
野々山広三郎 - サッポロビール社長
長谷川正男 - 日本精工社長
降旗三七男 - 東亜燃料工業社長
堀田庄三 - 住友銀行頭取、"住銀中興の祖"
宮下武四郎 - 日本製紙社長
村田一 - 昭和電工社長
吉川清一 - 清水建設社長
吉野平八郎 - 東武百貨店社長
文化・学術・その他諸分野 [編集]秋元波留夫 - 精神医学者
芦部信喜 - 憲法学者
有賀貞 - 国際政治学者
飯島宗一 - 病理学者
臼井吉見 - 小説家
唐木順三 - 文芸評論家
北杜夫 - 小説家
久保田正文 - 文芸評論家
熊井啓 - 映画監督
櫻井和市 - 学習院院長、ドイツ文学者
辻邦生 - 小説家
堤精二 - 国文学者、お茶の水女子大学名誉教授
中島健蔵 - フランス文学者
仁井田陞 - 法制史学者、中国法制史研究
花岡堅而 - 日本医師会会長
原田伴彦 - 歴史家
降旗節雄 - 経済学者、帝京大学名誉教授
古田晁 - 筑摩書房創業者
古畑正秋 - 天文学者
星野芳郎 - 技術評論家
細野武男 - 法社会学者、学校法人立命館総長
堀秀彦 - 評論家、東洋大学学長
宮崎市定 - 東洋史学者
三輪公忠 - 国際政治学者
村山雅美 - 国立極地研究所名誉教授、南極観測隊隊長
望月市恵 - ドイツ文学者
若月俊一 - 地域医療の第一人者、マグサイサイ賞受賞

歴史的建造物としての旧制松本高校 [編集] 概要 [編集]旧制松本高校の施設のうち現存するのは本館の一部および講堂(ともに1920年竣工の洋風建築)であり、「松本市あがたの森文化会館」の名称で公民館、図書館およびホールとして活用されている(画像参照)。これらの建物は長野県松本市にある歴史的建造物としても貴重な存在であり、1981年には長野県宝に指定された。更に2006年に重要文化財に指定するよう文化庁への申請がなされ、2007年6月に指定が実現した。
OBである作家北杜夫の小説「どくとるマンボウ青春記」や、テレビアニメ「おねがい☆ティーチャー」、「おねがい☆ツインズ」の舞台としても知られている。
利用情報
入場― 無料
開館時間― 9時~16時30分
休館日― 月曜(祝日の場合は翌日)
所在地 [編集]〒390-0812 長野県松本市県3-1-1
交通アクセス [編集]東日本旅客鉄道篠ノ井線:松本駅徒歩15分
松本電鉄北市内線・中山線:秀峰学校前下車
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1289-a65dab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック