信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
牛伏寺断層

大久保山から少し下にさがり、中山台という新興住宅地があります。
その東端が牛伏寺断層なんですね。

牛伏寺断層

の位置ですね。
牛伏寺断層

このように線を引いてみるとよくわかります。
知らない人が通りがかっても、「道路作るために削ったんだ~」くらいにしか思わないでしょう。

牛伏寺断層

高低差は6メートルほどでしょうか。
阪神淡路大震災では野島断層という活断層でなんと縦に50センチ、横に1メートルほどズレだったそうですから、この大きさは凄いエネルギーですね。

牛伏寺断層

乗用車と比較してみると断層の高さをおわかりいただけると思います。



そもそも断層とは・・・

断層(だんそう、fault)とは、地下の地層もしくは岩盤に力が加わって割れ、割れた面に沿ってずれ動いて食い違いが生じた状態をいう。

断層が動く現象を断層運動(faulting)と呼び、地震の主原因であると考えられている。食い違いが生じた面そのものを断層面(fault surface)と呼ぶ。断層面と鉛直線がなす角を断層角(fault dip)、水平面に置き換えた断層運動の方向を走向(fault strike)と呼ぶ。
リンク先↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E5%B1%A4
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1394-f0493798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック