信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回木曽を訪れた目的はここ『桃介橋』を訪れるのが一番の目的でした。

昨年の信州デスティネーションキャンペーンでパンフレットの表紙なっていた『桃介橋』。パンフレットを見て以来、ずっと気になっていたのですが、木曽でも本当に南端の南木曽町にあるということで、なかなか行くことができませんでした。

役所公司さん小栗旬さん主演の映画『キツツキと雨』のロケ地でもあります。

念願かなってやっとその姿を見ることができました♪


桃介橋

「桃介橋」は全長247.762m、幅2.728m、4径間の木製補剛桁を持った吊橋です。
橋桁は両側に張られたウインドステーによって、安定をはかられています。
橋を渡ったトロッコは、インクラインによって建設資材を運んでいました。


パンフレットで見たのはこんな感じで撮影されていたと思います。

桃介橋とは・・・
大正11年9月完成の「桃介橋」は別名「桃の橋」とも呼ばれ、
読書(よみかき)発電所の建設のための、資材運搬路として木曽川に架けられました。
読書発電所を建設したのは、大井ダムを造った大同電力で、「桃介橋」という名は、大同電力社長の福沢桃介氏から名付けられた。
氏は福沢諭吉の婿養子で、福沢桃介と名のり、アメリカに留学、帰国後は北海道炭礦鉄道に入社しました。
その後実業界で手腕をふるい、日本の電力王という地位まで登り詰めたのです。
桃介は北恵那鉄道の初代社長も務めていました。

木曽川

下を流れるのはもちろん木曽川

桃介橋

国道19号線とJR南木曽駅のある所の対岸です。こちら側に公園がありマイカーはそこへ駐車することができます。無料。

桃介橋

かつてはここをトロッコ列車が走っていたそうです。板が黒くなっているのはレールのあった位置をイメージさせるためだとか・・・

桃介橋の歴史
1950年(昭和25)から、一般の歩行者用として使用開始。
老朽化のため1978年(昭和53)から通行禁止となり、その後、崩落寸前になっていました。
保存・活用の声が上がり、1993年(平成5)に天白(てんぱく)公園の整備とともに復元。
1994年(平成6)に重要文化財(近代化遺産)に指定され、また土木学会の田中賞を受賞しました。
重要文化財には、周辺の柿其水路橋(木曽川上流北方向)、読書(よみかき)発電所(西方向)とともに指定された。


桃介橋

東端は国道19号線の上を通っています。これまで何度も通ったはずなんですが、この橋の存在を知りませんでした。

桃介橋

中央付近の橋げたからは下へ降りられるようになっています。

時間があったら降りてみましょう。

桃介橋

降りる途中から撮影しました。 横から見る姿も迫力ありますね。

桃介橋

この橋げたも立派な造りです。 現在ならコンクリートで固めて終わりなんでしょうが、この石積みに芸術すら感じますね。

桃介橋

吊り橋は急峻な場所にかかっているケースが多く、下からその姿を見ることはなかなかできませんが、桃介橋は河川敷が広いので真下からでもその姿を見ることができます。


桃介橋

素晴らしい! 橋見て感動するのも久しぶりです。

木曽にある大正時代に作られた文化遺産。

一見の価値ありですよ!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
造形美ですね。
しかも何気なく掛かっている・・・観光客はいませんか?

橋げた好きなので、登山帰りに機会があったらよりたいです。

木曽ならきっといくはず・・・!

2011/10/09(日) 00:44 | URL | 九部 #-[ 編集]
コメントありがとうございました
九部さん

観光客は2人だけすれ違いました。

この桃介橋はけっこうファンが多いようで、ネットで検索するとたくさんの情報が出てきます。

木曽川の白い石もいいですね。

是非、立ち寄ってみてください。感動です。
2011/10/09(日) 22:57 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
映画のロケ地。
記事を拝読しましたが、役所公司さんと小栗 旬さんが主演を務めた映画の撮影があったのですか。また、映画の題名は知りませんでした。
2013/06/11(火) 15:51 | URL | 落合紘史 #kQBTdAVk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1436-a0559a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。