信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安養寺らーめんとは

信州みそ発祥の地とされる佐久地方でブームとなっている『信州みそラーメン』のことです。

こんなパンフレットもあるんですよ♪

安養寺らーめん

安養寺らーめんとは(パンフレットより引用)

「安養寺らーめん」は、今や佐久を代表するご当地グルメとして知られるようになりましたが、そもそも安養寺らーめんとは、どんならーめんなのでしょうか。

安養寺らーめんの誕生は今から3年前。地域の元気づくり、活性化のため地域の食材を生かした商品開発を模索していた佐久市商工会議所と、チェーン店にはない魅力を打ち出そうと独自の取り組みを始めていた「佐久拉麺会」6店の思惑が一致し、計画が動きだしました。

そので一つのキーワードとなったのが、「佐久が信州味噌発祥の地」という言い伝え。佐久市の安養寺は、鎌倉時代の僧・寛心の遺志で開かれたお寺です。寛心は、中国に渡りみそ造りの技術を学び、その後、みそ造りを各地に広めたことから、安養寺が信州みそ発祥の地と言われているのです。開発過程では、ラーメン作りだけではなく安養寺や信州みその歴史なども学び、安養寺らーめんの作り手としての、心構えも植えつけました。

そして、佐久市内の味噌蔵「和泉屋商店」で製造される安養寺みそを使った、佐久にしかできない、佐久のご当地ラーメンが誕生しました。

という由緒あるラーメンなのだ。

「作り手としての心構えを植えつけた」

というところが「みそ」ですね♪

そして今回、選んだお店は安養寺にも近い「美峰」さん。

紹介している雑誌の中で、「すり鉢」に入ったラーメンが印象的だったので決めました。

美峰 安養寺らーめん

ラーメン中華専門のお店ではなく食堂ですね。

安養寺らーめん

こののぼり旗が安養寺ラーメンの証

安養寺らーめん

キタ━(゚∀゚)━! キタ これが安養寺らーめん

安養寺らーめん

麺は太目で、トッピングには鶏のから揚げ、きのこ、ネギ、枝豆が入っていました。
中華のラーメンとは違った味わいで信州みそとトッピングとの組み合わせが絶妙です。

う~ん 一度は食べてみる価値あり!

浅間山

美峰さんはその名のとおり、ここからは浅間山がよく見えます。

美峰データ
佐久市安原1094-5
TEL:0267‐68‐9991
営業時間:11時30分~14時・17時~21時
定休日:月曜
駐車場あり
関連記事

コメント
この記事へのコメント
うあおおおおいしそうですね!
ラーメンマンの血が疼きます・・・


浅間、11月の頭に登ったんですよ。帰りに寄りたかったです。惜しかった。
2011/12/12(月) 22:52 | URL | 九部 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1458-bf2a532d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。