信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野皇大神社は長野県(信州)と群馬県(上州)の県境に鎮座する国境の神なんですね。

熊野皇大神社

鳥居をくぐる前の足元には・・・

熊野皇大神社

しっかり県境があります。

熊野皇大神社

歴史的な作りの門をくぐり境内へと入ります。門の右側には群馬県側の宮、熊野神社の社務所がありますが、この日は神主さまは不在でした。

熊野皇大神社

左側が信州に鎮座する熊野皇大神社です。

熊野皇大神社

ここでしっかりと分かれています。これはとても珍しい神社ですね。参拝は両社でしましたが、信濃国十三社巡りなので、御朱印は信州側の熊野皇大神社のみでいただきました。

熊野皇大神社

熊野皇大神社
【鎮座地】北佐久郡軽井沢町峠町1
【御祭神】本宮・伊邪那美命 日本武尊│那智宮・事解男命(信州分に鎮座)│新宮・速玉男命(上州分に鎮座)
【御由緒】旧中山道標高1200メートルの碓氷嶺に鎮座、関東平野が一望出来る。日本武尊が東夷征伐の帰途にこの雲海を眺望し、相模灘で荒波を静めるために尊の身代わりとなって入水させられた后弟橘姫の事を偲ばれ「吾嬬者耶(あずまはや)」と三度お嘆きになられた処(「あずまはや」とはああ、いとしきわが妻よという意味)。時に景行天皇の四十年十月と伝えられる。

御朱印帳60ページ 和綴じ式 ちりめん(水色・赤)【レビュー5%割】《メール便可》

価格:1,480円
(2012/11/28 18:10時点)
感想(40件)



関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1461-c9642cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。