信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山姥の里

これまたすごいネーミング

実は、道の駅中条で見つけた最中です。

山姥の里

レジの横に並べられており、そのネーミングにつられて買ってしまいました。^_^;

山姥の里

虫倉最中と押印されています。この付近には虫倉山や虫倉温泉というところがあり、そのあたりの名物で昔から作られ販売されていたようです。

山姥の里

これがまた粒あんぎっしり。素朴な味わいで美味しいです。最中が美味しいと思うなんて年取った証拠ですね・・・笑

一個120円

山姥とは・・・

山姥(やまうば、やまんば)は、奥山に棲む老女の怪。 日本の妖怪で、山に住み、人を食らうと考えられている。鬼婆(おにばば)、鬼女(きじょ)とも。

山の中に夜中行く当てもなくさまよう旅人に宿を提供し、はじめはきれいな婦人の格好を取り食事を与えるなどするが、夜寝た後取って食うといわれる。グリム童話に出てくる森の奥に住んでいる魔女のように、飢餓で口減らしのために山に捨てたられた老婆などの伝承が姿を変えたもの、姥捨て伝説の副産物と解釈する人もあるし、直接、西欧の魔女に当たるものという人もある。

鬼無里に残る鬼女『紅葉』にまつわるネーミングなんでしょうね。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
山姥の里
こんばんは。
虫倉山に行ったときの事を思い出します。きれいな棚田や水車のある山里の風景や雪の積もった鹿島槍の眺めに感動でした。道の駅には、こんなに美味しそうなつぶつぶ餡の最中があったのですね。中条の道の駅に寄ってこなかったのが残念です。
甘いもの大好きです美味しいですよね・・・。
2011/12/10(土) 22:43 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
シオンさん

虫倉山へは登られたんですよね♪
このオリンピック道路沿いには「道の駅中条」から数分のところに「道の駅小川」があります。「小川」の方はおやきとしょうゆ豆が有名です。わたしとしては「中条」の方がおススメ。こちらへいらっしゃたらぜひ寄ってみてください。(*^_^*)
2011/12/12(月) 08:35 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1467-add75c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。