信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
冬場の松本観光は松本城を中心とした城下町の散策が主となります。
ちょっとレアな城下町探訪を紹介しますね。

『美術稲荷社』
ちょっと変わった名のお稲荷さん。その名を聞いただけで行ってみたくなりませんか。

美術稲荷社


松本城南の北土井尻という路地にあります。
いわれは・・・
その昔、この界隈に城狐が出没。それが「美しく、術に長けた」狐だったそうな。
そこで町の人らは縁起をかつぎ『美術稲荷』として祀ったとか。
いつしか忘れられていましたが、明治21年の大火で町が消失。不信心が祟ったと稲荷社を再興後は、町には安康続いているとのこと。

御由緒書きには

美術稲荷社


正一位 美術稲荷社
由緒沿革

創建年月は不詳であるが
松本城主時代には既にお社が有ったと伝えられて居る
ご神名の美術とは白狐のお姿が美しく面も衛に長けて居る所から名付けられた。明治二十二年一月本町より出火此辺一帯が災禍を蒙った為其后再びお社を建立祭典を履修し、火災消除、家内安全、商売繁盛の守護神として崇敬を集めた。
例祭 毎年六月中に行う

※正一位(しょういちい)とは
明治以前、神社に与えられた最高位の神位。また、特に稲荷神社のこと。

とあります。

美術稲荷社


城下町の路地裏にひっそりと佇むお稲荷さんを訪ねるのも悪くありませんよ。
雑誌の取材で取り上げられそうな雰囲気の場所ですね。
美術稲荷社は境内と呼べるほどの敷地はありません。
本当に鳥居と門、祠があるだけの小さな神社。

美術稲荷社


由緒とは少し外れるかもしれませんが、美術・芸術を学んでいる方や生業としている方などはお参りすると御利益があるかもしれません。

松本市大手3丁目7-15
松本城の大手門を南へ進み2ッ目の信号(松本市観光情報センターの角)を右折、最初の角を右に曲がるとすぐ左側にあります。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
いいですねぇ~
こんな、人との人との繋がりが
みじかな生活の場所と一緒にあるのは、いいですね。
私は、先日長崎の島原の街を散策したのですが
人が近かったですね。
湧水があちこちに湧き、人との生活に密着してました。
2012/01/18(水) 02:46 | URL | 丸とも #OPKYamXE[ 編集]
コメントありがとうございました
丸ともさん

歴史の街の裏路地歩きはいいものですよね。
松本は戦災を受けていないので、城下町時代からの筋や通りがそのままになっており、狭くてゴチャゴチャしているのですが、それは現代の私たちにとってのゴチャゴチャで当時では機能的な街だったのでしょう。
2012/01/19(木) 05:46 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1483-c4a9e264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック