信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波の被害は報道で何度も見てはいたのですが、画面で見るのと実際の現場を見るのとでは大きな隔たりがあると痛感しました。

南三陸町
屋上の車に乗っていた人とこの建物の中に取り残された人は奇跡的に無事だったそうです。


これも画像ですので実際のものとは異なりますが、最初に思ったことが

「ここが本当に同じ日本なのか!?」

ということでした。

TVで見ている時には「国内とはいえ遠い地方のこと」ということがどうしても頭の中にあるのでしょう。しかし、実際に現場を訪れてみると「これはひど過ぎる」というか絶句ですね。言葉がありません。

自然災害というのは予測がつかず誰が悪いということもありません。そのやり場のない苦しさが被災された方々にはあることと察します。

現地に行って思ったことは、募金などで行政を通じて資金の援助をすることはもちろん大切なことだとは思います。しかし、もっと大切なのは被災地へ足を運び、その地で消費活動をするということです。被災地では雇用の確保ができずに労働者がどんどんよそへ流れて行ってしまっている現実に直面しています。現地の経済を活性化するためにも現地へ行き、泊まり、その土地で売られているものを購入したりすることが直接的な支援になることだと思います。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/1497-dca3fa90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。