信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州安曇野に多くある道祖神
これは松本にあるものを撮影しました。
画像にはうまく写っていませんが、仲良く寄り添った男女の神様が石仏として刻まれています。
道祖神についての詳しい説明はこちらをご覧ください。
道祖神
他の地方では「おじぞう様」にあたるのでしょうが、2人が寄り添った道祖神を見るとほのぼのホッとした幸せな気持ちになります。
中には「道祖神」と文字だけ刻まれたものもあります。←これは幸せな気持ちにはなれません。


信州の守り神です

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/43-1e4fe43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
道祖神道祖神(どうそじん、どうそしん)は、路傍の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道路|道の辻、三叉路などにおもに石碑や石像の形態で祀られる神で、村の守り神、子孫繁栄、あるいは交通安全の神として信仰されている。全国的な広い分布をしているが、
2007/02/07(水) 18:09:07 | 神話&神々の研究
道祖神道祖神(どうそじん、どうそしん)は、路傍の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道路|道の辻、三叉路などにおもに石碑や石像の形態で祀られる神で、村の守り神、子孫繁栄、あるいは交通安全の神として信仰されている。全国的な広い分布をしているが、
2007/02/23(金) 19:52:19 | 神話&神々の研究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。