FC2ブログ
信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔

舟つなぎ桜
波田町の上海渡から次なる目的地、松本市梓川(旧梓川村)の真光寺へ行く途中に偶然発見したシダレザクラの巨木です。
こんなに立派な桜なのに、その存在を知りませんでした。枝ぶりも見事で、かなりの大きさなのですが、写真愛好家のターゲットにならないのは、やはり、張り巡らされた電線のせいでしょうか?

舟つなぎ桜 舟つなぎ桜
左:ちょっと露出オーバーの画像です下手ッピーでごめんなさい!街灯は後から設置されたのでしょうが、それを飲み込んでいるかのように桜の枝が生い茂っています。 右:重厚な幹、樹齢500年だそうです。つっかえ棒がしてありました。

舟つなぎ桜木の脇にあった案内板

周囲2.7メートル 高7.2メートルと書かれていた

寺家から花見に下る長坂の上に、大きなしだれ桜の木があります。昔、松本平一帯は湖でこの木に舟をつないだといわれています。

う~ん歴史ある木なんですね!



梓川の春 ヤマブキ
梓川を渡って波田町から松本市梓川地区へ移動した。川の流域は、ヤマブキも咲いていたりして、春めいていた。
野生の猿ちょっと見にくいですが、野生の猿を発見しました。
日光や渋温泉では、猿が里まで降りてきて傍若無人に振る舞い、人から食べ物を奪ったりと、猿害(えんがい)に悩まされているいるそうですが、ここの猿は人間を見ると逃げてしまいます。






信州の桜が紹介されている本です。
信州の桜紀行信州の桜物語
関連記事

コメント
この記事へのコメント
おはようございます(^^)
樹齢500年ですかーーー!!
綺麗ですねv-252
偶然こんな素敵な桜を発見するなんて、それもスゴイ(笑)

でもここにも電線が。。。

2008/04/28(月) 08:25 | URL | おけい #8iCOsRG2[ 編集]
つっかい棒で、大事にして貰っていますね、500年生きても花が咲く、老いらくの恋路なんて、解釈は可笑しいのかな?  人間も、老いて、尚且つ、こんな味が出たら、素晴らしいでしょうね、当方、今年は、猿害は有りませんでしたが、鵜害で、稚魚が遣られているのと、琵琶湖の島で、こやつ等の巣に成って居る所は、糞の成分がきつ過ぎて、植物が死滅し、岩の島に成り、真っ白で不気味です、でも、湖周は、柔らかい新緑で、終日のたりのたり、、、、。 先輩のテクニックと、カメラの性能が相乗して、花のアップ、スポットのアップが見事で、臨場感が有り、出かけて行ったように楽しんでいます、有難う御座います
2008/04/28(月) 14:53 | URL | 萬木 義次  萬ちゃん #-[ 編集]
見事な姿の桜ですね
樹齢500年すごいなぁ お猿が隠れてて可愛い
2008/04/28(月) 15:26 | URL | ぴろぴー #-[ 編集]
500年も前から、咲き続けてる桜、今年もきれいに咲いてますね。
歴史がある桜なのですね・・・。
猿、人間みて、逃げるうちは良いけど・・・作物荒らしたりするように成ると困りますよね。
2008/04/28(月) 23:09 | URL | シオン #-[ 編集]
そんなに前から咲き続けているんですね!すご~い☆
なんか神秘的な物を感じちゃいます(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン
野生のお猿さんも写真に写りたかったのかな^^;
2008/04/29(火) 01:42 | URL | ミモ #-[ 編集]
コメントありがとうございました
おけいさん
電線は・・・仕方ないですね(^^♪
人間の引っ張ったものですから・・・
見なかったことにするしかないです。この日の桜めぐりは他にも残っているのですが、今日も県内山奥へさらなる桜めぐりに行って来ます。

萬木 義次さん
琵琶湖のそのお話知っていますよ。
鳥の被害に手の打ちようがないとか・・・
今日の桜を是非ご覧ください。
今回の桜めぐりで一番の収穫でした。

ぴろぴーさん
樹齢500年は感動しました!
しかし、長野県には樹齢1200年の桜があるらしいです。今日はそれを見つけに行って来ます。

シオンさん
この偶然にはかなり感動しました。
地元の人からかなり手厚い保護を受けているようです。日光が反射しすぎてちょっと撮影に失敗したのが心残りです。
この辺りの猿は、今のところは人を見るとすぐに逃げてしまうので大丈夫のようです。

ミモさん
撮影テクが未熟なために桜の様子があまりキレイに撮れていませんが、実物は見事なモノでした。
猿は追いかけてやっと撮影しました。
2008/04/29(火) 05:05 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/517-c8f7d4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック