信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期連休のとはいえ11連休を取れる人は稀だと思います。
4月29日、ぽっかりと祝日にお休みできたので、家族で長野市へと出かけてきました。
目的は、善光寺花回廊というイベントだったのですが、ちょっと日程をうまく把握しておらず、ただの善光寺参りとなってしまいました・・・(^^ゞ

本当は、善光寺花回廊のうち道路に花びらで絵を描く「花キャンバスhttp://hanacan2008.naganoblog.jp/が目的だったのですが、花回廊は4月29日~で、そのうち5月3日~5日までの間に花キャンバスがあったそうです。トホホ

ビッグハットいつもは、長野インターで降りて長野市街地へ向かうのですが、今回はなんとなく、更埴インターを利用してみました。更埴インターから善光寺方面へ向かう時は、このオリンピックで使われたビッグハットの前を通過します。長野オリンピックからもう10年経っちゃんたんですね~





善光寺善光寺に到着です。
善光寺第一駐車場(善光寺の北側です)へ車を入れて、信号を渡るとすぐに本堂裏へ入ることができます。
八重桜がキレイでした。







善光寺

5年ほど復元修理工事を行っていた善光寺山門

屋根の修復にかなりの期間を必要としたようです。

善光寺山門竣工って看板がちょっと興ざめです。
山門には登ることができるようで、順番待ちの人が並んでいました。
門前町長野、何回来てもいい所です。



善光寺へ行くなら長野市内のホテルが便利です
THE SAIHOKUKAN HOTEL
県庁と善光寺の間に佇むアート感覚溢れる美術館のようなホテルアートをテーマにした6か所のレストラン&バーが、個性的な空間を演出している美術館のようなホテル。1890年の創業以来、多くの芸術家達が訪れたホテルは、日々の疲れを癒しごゆっくりお寛ぎいただけるホテルです。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
あぁ、
もう10年なんですね、長野オリンピックから・・・。
いっぱぃキャラクターグッズを
持ってます(笑
母がどんどん買ってきてくれて。。。

八重桜の丸っこい形が
可愛いですね。
お天気が良くてうらやましいーー
こちらはイマイチなGWでした。


屋根の修復で5年の歳月・・・

祝旗は、、、確かにちょっと
笑っちゃうというか(汗
何もそこに、そんなに大きく・・・
って
思ってしまいますね。

2008/05/07(水) 14:53 | URL | femi #-[ 編集]
なぜか・・・
善光寺へ行くのは、なぜか秋ばかりでした。
今頃は八重桜もきれいなのですね。
牛にひかれて善光寺参り・・・久しぶりに行ってみたいです。
暗いところ通って、鈴に触われると願いが叶うのでしたよね?。
2008/05/07(水) 21:16 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
femiさん
GW多少雨が降ったりもしましたが、まずまずのお天気でしたね。
自分は、5月3日からずっと仕事ですが・・・
長野五輪の施設は、かなりのモノがすでに無用の長物になりつつ(なっている)あります。五輪ホテルもかなり経営が苦しいようですし・・・
善光寺の山門は、ここ数年ずっと工事の足場で囲われていたので、やっとお寺らしくなり雰囲気がでました。
長野五輪最終日の次の日に、地元バスで旅行に出かけたのですが、前日までオリンピックの駐車場~会場のシャトルバスで使っていたものをバス会社が持って来ました。
五輪スポンサーのロゴがデカデカと入っていましたので、行く先々で撮影の的になったのを覚えています。

シオンさん
松本城は一回行けば満足だが、善光寺は何度行ってもご利益があるので、観光客のリピートが多い!
これが、長野市と松本市の観光力の違いだ!なんて言われます。
実際、自分も松本城へは2回しか登っておりませんが、善光寺へはかなり行っています。長野市へいくとついつい手を合わせに行っちゃいますね。
暗い通路は、「お戒壇めぐり」といって、本堂の本尊下にある真っ暗な通路を手探りでたどり、本尊真下にある「極楽のお錠前」と呼ばれる鍵に触れること。鍵に触れることで本尊との仏縁が深まり、極楽往生が約束される・・・らしいです。
2008/05/08(木) 05:57 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/526-c9e28665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。