信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姨捨の棚田へ行って来ました!!
姨捨の棚田
遠方が霞んでいて少し残念ですが、棚田の向うは千曲川と川中島の合戦跡地方面です。

2月に行った時はこんな感じの寂しい風景でしたが、田に水が入りすごくいい風景となっていました。
田毎の月

姨捨の棚田 姨捨の棚田
棚田の一番上のあたり 案内の標識も出ています。

田毎の月
一番上から見下ろした風景 この田に、田毎の月と呼ばれる風景を撮影するには非常に条件が厳しいらしく苦労がつきまとうとか・・・

関連記事

コメント
この記事へのコメント
なんか
思いっきり深呼吸したくなる風景^^
いいなぁ。

田毎の月・・・


どんな風景なんだろか・・・
み、
見たいです。
条件網羅してください(爆
2008/05/27(火) 14:15 | URL | femi #-[ 編集]
当方、滋賀も信州に負けない、米所で、平野を大きく琵琶湖が占有し、湖南東方面だけが、平坦な田畑ですが、3/4の地域は山裾の傾斜が、帯状に湖周を取り囲み、勢力の弱い集落が点在し、営々と歴史を紡いで来ました、綺麗な棚田が、普通の景色に成って居ます、住み易い自然が悠久の歴史を連綿と営んで来たのは良いのですが、「我賢し」の二乗的な思い上がった県民性が強く、跡取り息子達の部落社会的、閉鎖世間で、辟易です、、、。支配人同様、彼方此方で辛酸を舐め、退役、終息の地に見えて、幼年期を過ごした、湖の地に、うっかり草鞋を脱いでしまい、気が付いたら、逃げ出すことも出来ない始末、貴殿の様に、湖の風光明美を心行くまで、愛でられたらいいのですが?????
2008/05/27(火) 14:57 | URL | 萬木 義次  萬ちゃん #-[ 編集]
ここへ・・・
やっぱり、ここへ行ってみたいです。
水をはった田んぼに・・・田毎の月、素敵な景色ですね~・・・
この季節に行ってみたいです・・・。
2008/05/27(火) 20:55 | URL | シオン #-[ 編集]
たびたび・・・
すみません、
ここの、案内板って、分かりやすい所にあるのですか?国道沿いなのですか?
2008/05/27(火) 21:03 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
femiさん
なかなか厳しいんですよ~
まず夜でないといけないし、満月かそれに近い日で、月が真上に近い状態でしかも晴れで、稲が育ってしまうと水鏡にならないので、水入れて早々の時期に・・・
チャンスがあればやってみます♪

萬木 義次さん
自分の育ったところには、田んぼはありましたが、こんな棚田はありませんでした。
山の斜面に幾重にも連なる田の風景を見ていると、故郷でもないのに、とっても懐かしい気持ちになりました。

シオンさん
この地図のあたりにあります。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=36%2F29%2F48.995&lon=138%2F6%2F1.698&layer=0&ac=20218&mode=map&size=s&type=static&pointer=on&sc=5
姨捨駅のすぐ下あたりですね。
国道18号線からですと、戸倉上山田温泉から姨捨のスマートICを目指して行くとあります。
是非、見てください。
2008/05/28(水) 06:07 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
松本に暮らしているsundayです。
現役の頃、長野に出張する度に姨捨駅から棚田風景を見ました。
棚田と眼下に広がる千曲川、遠くに見える北信五岳、きれいですね。
姨捨駅は今時では珍しいスイッチバックが健在で、風景と相まって鉄道ファンには人気の
スポットです。

棚田風景でしたら白馬村青鬼(あおに)の集落も良いですよ。
姨捨棚田ほどにはダイナミックな風景ではありませんが、所々に石仏が自然にさり気なく
おわしましたり、7月頃は棚田のあぜ道にキスゲの花が咲いていたりで、日本の山里の原
風景を見る思いがします。
残念なのは屋根が茅葺きではなく鋼板になってしまった事ですが、有名な観光地では無く
今でも住人が普通の暮らしをしているのでやむを得ない事です。
稲刈りが済んだ青鬼の集落はこれから厳しい冬を迎えますが、5月の田植えの頃は雪の
白馬連峰がとても綺麗です。


http://www.denken.gr.jp/archives/Hozontiku/aoni_index.html​

http://www.mizumori.pref.nagano.jp/modules/pukiwiki/?%A1%D6%C3%AA%C...
2008/10/29(水) 22:27 | URL | sunday #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/546-39e87cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。