信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフトに乗っていたのでちょっと失敗の動画ですが・・・

多少は雰囲気がおわかりいただけたでしょうか?

白馬
ラージヒルのランディングバーンに最長不倒の標しが見えた!!

白馬ジャンプ台
原田雅彦選手と岡部孝信選手が出したバッケンレコードです。
もちろん日付は1998年2月17日そう、ジャンプ団体金メダルの時です。

白馬ジャンプ台
ラージヒルの助走滑走部分です。下から見るとかなりの迫力です。

白馬ジャンプ台
リフトの終着点が近づきました。この後は前の塔のような建物に入り、エレベーターで登ります。

正式種目では、ジャンプ台の大きさや形状、助走距離の長さ、K点までの距離などによって、ノーマルヒル(一般にK点90m。かつては「70m級」と呼ばれた。)やラージヒル(一般にK点120m。かつては「90m級」と。)、フライングヒル(K点は180mを超える。日本には台は存在しない)などの種目に分かれる(別項K点参照)。

(本来、K点は「これ以上飛ぶと危険」という目安であったが、競技レベルの向上に伴い「ジャンプ台の建築基準点」という意味に変化した。なお、2004-2005年シーズンからは「これ以上飛ぶと危険」と言う目安は「ヒルサイズ」で表される。また、1995年頃からヒルサイズ導入までの間は「ジュリーディスタンス」が用いられていた。なお、ヒルサイズの位置は着地面の接戦の角度で決められており、ノーマルヒルで31度、ラージヒルで32度である。ちなみに旧ジュリーディスタンスは30度前後であった。)

ノーマルヒル・ラージヒルは、冬季オリンピックの共通正式種目である。
また、スキージャンプのワールドカップでは、ラージヒルとフライングが開催されているが、観戦側のスペクタクル性の観点から近年ノーマルヒルは開催されていない。
通常は個人競技として行われるが、ラージヒルやフライングでは、国対抗で団体戦も行われる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

信州で開催されたオリンピックいろいろな施設を残してくれたので、機会があったら巡ってみたいと思います。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
すごいですね
助走滑走するところ、すごそうですね・・・137mも、飛んじゃうなんてホントにすごいですね~。
やっぱり、行ってみてみたいです。
2008/06/26(木) 20:37 | URL | シオン #-[ 編集]
シオンさん
間近に見るとものすごく飛んでいるのが実感できますよ!

是非行ってみてください。
2008/06/27(金) 05:20 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/578-69542540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。