信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良井宿の北端に近いところです。奈良井駅方面ですね。
奈良井宿
このあたりは、道幅も狭くなっていることもあり、両脇の建物がぐっと迫っているので、これまた昔の雰囲気をたっぷりと楽しめます。

鍵の手

と呼ばれる古来の街道や城下町に見られる通りの構造
奈良井宿
『外敵が宿内へ一気に攻め込み難くする為に防衛の手段として、宿場の通り(往還)を直角に曲げたもの』だそうです。
松本の市内にも残っています。

奈良井宿
おススメなのはこの地域の特産品であります『木曽漆器
驚くほどの安価で販売されていました。

木曽漆器 木曽漆器
我が家でも愛用している木曽漆器の塗り箸。安いので買って帰りました。

めんぱと呼ばれるこのお弁当箱が欲しいです。でもお弁当持っていく職業じゃないので・・・

奈良井宿
JR中央線の線路を挟んで左側が古来の宿場町、右側が現在の国道19号線になります。現代の国道19号線はトラックがビュンビュン走っています。


今回は、伊那の赤そばの里から国道361号線を通り、権兵衛トンネルを抜けて国道19号線へと出ましたが、木曽路をゆっくり楽しむのなら、諏訪湖温泉
か松本の浅間温泉
あたりを出発点として、塩尻方面から本山宿へ入り『そば切り発祥の地』でそばを堪能して、木曽平沢宿の漆器を見学してこの奈良井宿~鳥居峠を抜けて、巴渕のある宮ノ越宿へと抜けて木曽の中心地であります木曽福島宿
で宿泊なんてのがいいでしょう。
そこからも、奇勝寝覚の床やちょっと脇道へ外れて赤沢美林や阿寺渓谷、小野の滝などの自然の風景を楽しみながら、木曽の桟~南木曽へ。
そこからは、旧街道へとそれて妻籠宿・馬篭宿などを訪ねて南木曽温泉
昼神温泉
あたりで宿泊なんてコースもたてられます。
3日かけて通り抜けても全部は見きれないほどの名所が木曽にはあります。
今では高速道路から外れてしまい、『陸の孤島』とも呼ばれている木曽地方ですが、それだけにスローな魅力がたくさんありますね。
いつかはこんな日程を計画して木曽路を探検したいです♪ いつになることやら?(^^ゞ

信州



関連記事

コメント
この記事へのコメント
余り、賑やかでは、困りますが、勿体無いほど、静かな感じ、ひなびた感じでは無く、今も生きている、宿場町の様子ですね、もっと、季節を外して、寂しい位の時に、往きたいなー、 見ているだけで、癒されます   有難う
2008/10/11(土) 15:27 | URL | 萬木 義次  萬ちゃん #-[ 編集]
いいですね~
妻籠宿や馬籠宿、いいですね。
わたしも、歩いてみましたが、もう、ずいぶん前になります。
もう一度ゆっくり歩いてみたいです・・・
その時買って来た、おろくぐしは今でも使っているのですよ。
2008/10/11(土) 19:56 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
萬木 義次さん
実際にまだ人が住んでいるというところが、この宿場の凄いところなんでしょうね。

シオンさん
自分も両宿場には以前に行ったことがあるのですが、その時はあまり興味もなかったですし、デジカメも持っていない時でした。
次回はじっくりと周りたいと思います。
 
2008/10/12(日) 05:35 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/686-e9c89135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。