信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本市の南東部にある牛伏寺は厄除けのお寺として知られており、地元の人が信仰するお寺の一つであり、杉並木があったりしてなかなかの名刹なのですが、今回は厄除けが目的ではないので、参拝はパスしてお寺の先にある重要文化財フランス式階段流路へと向かった。

これがフランス式階段流路です。
フランス式階段流路
この石積みの川底と脇の堤防は、何と明治時代に作られたものなのです。
フランス式階段流路
現在の砂防ダムでしたらコンクリートで塗り固めちゃうところなんでしょうが、階段にして流れの勢いを弱めている造りが芸術的です。
紅葉の山から流れ出る水がいい感じでした。

フランス式階段流路の解説(技術科@スクールHPより引用)
「牛伏川(うしぶせがわ)」は、犀川水系奈良井川支流田川の支渓で、標高1670mの鉢伏山横峰の西面を水源とする延長約9kmの一級河川(松本市街で田川と合流し、信濃川を経て日本海にそそぐ)です。流路流域面積は5.6km2(砂防施設のある山間部は2.6km2)あり、田川に流れ込むまでに半径約3kmの扇状地を造っています。
 現在この地域はニセアカシアを中心とする森林でおおわれていますが、明治時代までは裸地であり、山腹は「大欠け」と呼ばれる大崩壊地から、多量の土砂を生産流出しており、沢筋は荒廃していました。この崩壊の始まりは、1829(文政12)年の文書に100年も前の元禄の山崩を指摘していることから、相当古くから存在しており、1868(慶応4)年にも下流の水田180haが壊滅するなど、流域の村々に水害をもたらしていました。
 また、江戸時代より、新潟県下の信濃川でも多くの災害が相次ぎ、明治時代には信濃川改修が重要な問題となりました。そして、この問題の中心的な要因となる土砂の供給源が長野県の水源地帯、中でも牛伏川にあるとされました。

 こうした水害に対処するため、1885(明治18)年、内務省土木局の直轄工事により、牛伏川砂防工事が進められ、「石堰堤工」、「木工沈床」、「護岸石積工(流水の浸食による山腹の崩壊を防止する)」、「柵止工」、「種苗工」の各工事が5年間にわたって施工されました。内務省土木局による工事は、現在知られているもので第1号から第5号までの合計5基の堰堤がつくられています。これらは、「空石積」という技法を用いた石積堰堤で、現在でも十分にその役割を果たしています。水源にはいくつかの沢があり、砂防工事の跡が見られ、特に日影沢、地獄谷、中の沢、泥沢に砂防施設が集中しています。

 その後、1898(明治31)年には長野県が事業を受け継ぎ、横断堰堤工事、河床及河岸安定工事、山地崩壊防止工事として、「石堰堤工」、「水路張石工(流水の浸食による河床の低下を抑制する)」、「土堰堤工」、「谷止工(積苗工を行うための地面を安定させる)」、「水通工」、「積苗工(山の斜面を階段状にして苗木を植える)」、「苗木植付工(苗木を植え付ける)」など17種にも及ぶ工種で施工されました。
 1916(大正5)年には、フランスのデュランス川サニエル渓谷にある階段工の図面を参考にして設計した、いわゆる「フランス式階段工」と呼ばれる施工が行われ、1918(大正7)年に完成しました。階段工の設計は、1911(明治44)年にヨーロッパへ派遣された内務省技師の池田圓男(いけだのぶお)が持ち帰ったオーストリアの砂防に関する文献を参考にしたものです。
 この「牛伏川フランス式階段工」は、現在でも原形を保ちながら、その機能を失うことなく、周囲の景観になじみ、その芸術的とも思える構造と、流れる水の美しさを見せています。

1986(昭和61)年からは、国の砂防環境整備事業で、流路工の整備とともに、砂防環境整備事業の「砂防学習ゾーン」モデル事業の指定を受けて、明治時代以降のすぐれた砂防技術と、その歴史を見学・学習しながら、牛伏川の美しい水と緑を親しむゾーンとして整備が進められています。

 また、現在は、防災の管理と生態系の保全を図るために、上流域約32haを1996(平成8)年から「林相転換事業」として整備しています。これは、これまで植林されてきたニセアカシアが倒れやすいということから、在来種のナラやクリに植え替えるものです。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
確り、拝読、勉強になりました、東北に4年間赴任し、かの地でも、水利がなく、大きな平野が、原始から、自然も貧困の侭を、水路を延々と引いた歴史に感激した、八郎潟を偲ばされました、先人の凄さ、情熱に、敬服します、それにしても、灌漑とも違い、自然の大改造に挑戦した男共に惹かれます・・・・。
2008/11/30(日) 12:21 | URL | 萬木 義次  萬ちゃん #-[ 編集]
素敵ですね
フランス式階段流路・・・石積み・・・
コンクリートじゃなくて、すごく良いですね~
こんな感じだと自然が損なわれなくて良いですね。
2008/11/30(日) 23:30 | URL | シオン #-[ 編集]
コメントありがとうございました
萬ちゃんさん
この牛伏川の治水は、当時、はげ山に近かった治山とともに行われたそうです。巨大なプロジェクトだったんでしょうね。

シオンさん
これは松本市の宝です。
イマイチ知られていないマイナーな場所なのですが、実物を見てこれが明治時代の作だと知ると、芸術性すら感じますね。
2008/12/01(月) 05:48 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
わ~すてき!
松本市にこんな素敵な所があるのですか?
見てみたいです。
「フランス式階段流路」
昔の人はいい仕事していたのですね、手間や時間をかけて、でも後世にずっと残る仕事です。
重要文化財に・・もっともですね。
素敵な所が拝見できて、感謝です。

2008/12/01(月) 09:16 | URL | ミキママ #-[ 編集]
ミキママさん
実際に見ると灌漑深いです。
当時の歴史を調べてみるのも結構おもしろいものがあります。
「いい仕事してますね~」
2008/12/02(火) 05:52 | URL | 松本支配人 #.CQMmxNc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naganoken.blog86.fc2.com/tb.php/739-88e4edd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。