信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸隠神社奥社はりきって参道入口の鳥居をくぐったのはいいんですが、戸隠神社の奥社と言えば 有名なのは杉並木のはずなのだが、いくら歩いてもこんな感じの硬いダートが続くだけ・・・
いったいどこまで行けばあの杉並木が現れるのだろう?と不安に思いながらも先に進む。
樹木の枝も枯れていてちょっと淋しい・・・
景色がいいわけでもないし・・・



戸隠神社参道キクザキイチゲ
脇には水が流れちゃったりして、ちょっと神社の参道とは思えない・・・大丈夫かなぁ~?
キクザキイチゲ(右)アズマイチゲに似た感じの花がたくさん咲いていました。

おやっ?
戸隠神社の参道歩き出して15分ほど経っただろうか、脇の熊笹の茂みに雪が残っているのを発見した。

このあたりはまだ雪が残っているのだ。

その遥か先に赤い門が見えてきた





これが戸隠神社奥社随神門戸隠神社随神門
こちらのサイトの画像を見る限りでは、随神門の屋根は苔むしたかなり年代ものっぽいもののようなのだが、今は新しく葺き替えてお化粧直しされていました。
この門の脇に「奥社まで900メートル」の立て札があった。
うっそ~これでやっと半分かよ~
確かに周りに杉の巨木が立ち並び戸隠神社っぽい雰囲気にはなってきましたが、まだまだ先とはちょっとがっくり。(ーー;)

さすが
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場であった。らしく奥社までの道のりはまだまだ険しそうだ・・・



修学旅行、林間学校、部活の合宿、ゼミ合宿に便利な貸切バス

貸切観光タクシーの自動見積もりと予約はこちら
貸切バスの自動見積もりと予約はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。