信州・長野・田舎暮らし・北アルプス・上高地・分杭峠・美ヶ原・ビーナスライン・軽井沢・善光寺・パワースポット・戸隠神社
田舎暮しで経験した素晴らしい自然の景色を紹介したり、生活と文化の違いを感じたままにつづったブログです。最近はパワースポットにハマっていたりもします。長野行高速バスや長野新幹線、JR特急列車の情報も。井上真央おひさまロケ地、岳-ガク-小栗旬、神様のカルテ櫻井翔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事で、松本には地方独自のルールがあることを書きましたが、今回はそのルーツについても書きたいと思います。

右折優先!?のとっても変な暗黙の了承はどこからうまれたんでしょうか?

これもwikiからの引用です。
城下町であった松本市街地はその構造上、鉤の手(クランク)や細路道や多く、右折専用レーンが作れず右折待ちで渋滞することが多かったため、右折車両優先というローカルルールが生まれた。郊外は農村部であったが、人口が増加して市街化する過程においても、元の田んぼの畦道を拡張せず、そのままアスファルトで舗装した例が多く、こちらも道路事情は悪い。

と、いうことが右折優先のルーツのようです。

渋滞の元になる先頭の右折車両を先に行かす。


これが、右折のレーンある交差点にまで勝手に適応になってしまったのでしょう。これは、右折のときのルールなのですが、もっと酷い状況に出くわすこともあります。

それは、黄色いセンターラインの片側1車線の道路で渋滞しているときに発生する独自ルールです。
停車中の左側に路地がある場合は、渋滞の後ろに並んでいる車は黄色いセンターラインを越えて対向車線を走ってきます。そして、前方の停車中の車両を追い越して左折してゆきます。
図で説明するとこんなんです↓↓↓
松本ルール
絵が下手でスミマセン・・・

停車中の車は、路地に入ることができるように間を開けておかないと追い越してきて左折する車にクラクションを鳴らされます。
 「ちゃんとすき間開けて並べよ!」 プップー
こんな理不尽なことってありでしょうか!

こんなこと気性の激しい人の多い愛知県内の道路でやっていたら、車から引きずりだされてぶん殴られて文句は言えませんね。

あまりにもひどいローカルルールなので、実態を動画に撮影して現状をレポートするつもりです。

山がオフシーズンなので、無法地帯と化した松本の街の独自交通ルールを探ってみたいと思います。

これじゃあ、移住の人はおろか観光で松本へ来た人たちも頭に来て「2度と来るもんか!」と思うことでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。